「ブログとサイト、どっちが稼げる?」
カテゴリ: 用語集兼エッセイ



このカテゴリでは、ある意味独特な、人によっては見慣れない文体・用語を使
う私の/このブログの、用語/表記にこめた独特の意味/用法について語り、併
せて総合的/原理的なブログ/アフィリエイト/サイト運営についての大局的な
戦略思考を培う手助けをしていくことになる。



たとえば「/」スラッシュ、あなたは自分でも使っているだろうか?
使っているブログを見たことはあるだろうか?
どんなブロガーがどんな場合に、どんな意味をこめて使っているだろう?
こうしたスラッシュの使い方は現代の、殊に技術思考やSF小説に親しんだ人間
にこそ顕著に見られる。
それには多くの場合、「a/o」即ち「and/or および/もしくは」の意がこめら
れている。
「ブログ/サイト」と書かれていれば、それは「ブログおよびサイト、ブログ
あるいはサイト」のすべての意味を含む。
この場合、「ブログ」と「サイト」の定義づけにさしたる意味がない、という
ことを言外に含ませてあることにお気付きだろうか。



前置きが長くなったが、それと絡めて今回は「ブログとサイト」について語っ
てみよう。
現行のウェブ上で無視できないパーセンテージのトラフィックを占めるある種
の屑サイト/ページでよくみかける “ ブログは稼げない、サイトは稼げる ” ウン
ヌンの言説は、根拠がない上に日本語/英語的にもまちがっている。
ブログもまたウェブサイトのいち形態であり、また、「サイト」と呼ばれる特
定のウェブサイトの形態があるわけでもない。
もし彼らの言を敢えて擁護するために補填/強化して言うならば、せいぜい、
“ アクセス負荷に対する限界のある無料ブログでは稼げる可能性に場合によっ
ては支障が生じる ” くらいのことになるだろう。



一日の、あるいは一日のある時間帯の、瞬間最大アクセス負荷などたかが知れ
ている上に、そもそも初心者ブロガー/アフィリエイターがそれほどのアクセス
を獲得できるわけでもない。
最初から、あるいは慣れてきたら、といいつつレンタル・サーバ/独自ドメイン
でのサイト運営を早々と薦める「アフィリエイト入門ブログ」には注意したほ
うがいい。
あなたの検索/調査の労を省くためにご親切にも用意してある各サーヴィスへの
そのテキスト・リンクは、もちろんそのブロガーのアフィリエイト・リンクな
のだから。



釣りタイトルに対して結論を言えば、「ブログとサイト、どっちが稼げる?」
というのは、もう設問自体、その設問へと至る思考法自体がまちがっている。
“ アフィリエイトには単純な必勝法があってその必勝法のひとつにサイトって
形式があるらしい ” みたいな現物主義の勉強嫌いの思考法だ。
プログラマ/エンジニア系でない多くの初心者なら、そもそもブログでない「
サイト」を作りようがないはずだし、作ったとしてもタカが知れている。
これから何度も語ることになるだろうが、アフィリエイトでもっとも重要なも
ののひとつはテキストの持つ各種の力だ。
そして、無料でいくらでも気の向くままに試行錯誤と訓練をテキスト方面で積
んでいけるのがブログという形式なのだ。



このブログでは、ブログの便利さ・お手軽さにある種の優位性を認めるが、そ
れ以外の各種の「サイト」を否定するつもりもない。
が、しばらくは/比重的にはブログを前提に語ることが圧倒的に多くなる。
それでも全ウェブサイト運営者にとって共通のティップスや原理は必ずや有用
なものとなると信じている。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2011.09.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル