リンクの否認ツールの本来の意義と勘違い
カテゴリ: 涙なみだのアフィリエイト



さて、リンクの否認ツールの正しい使い方 — 元来何のために始められたサー
ヴィスであり、誰に有益・有意で誰に無益・無意味であるかを含めての正しい
使い方 — を理解できない人々は、「否認してもらう」ことだけを求めて何度
も同じようなリクエストを繰り返してはグーグルからにべもない返事をもらい、
にっちもさっちもいかなくなってグーグルのウェブマスター・フォーラムで泣
き言でしかない質問に走る。
人を騙す、関連性のない/乏しい屑リンクが相変わらず「害」を垂れ流し続けて
いるというのに、「そのリンクは無視してください、その分のマイナス評価を
私のサイトに課さないでください」というわけだ。



その泣き言の典型的な例は
「この100の自演屑リンクは削除しましたが、この50リンクは数年前に依頼し
たSEO業者に連絡がつかずどうしても削除できません。どうかどうか、100リ
ンクを削除した努力を評価してくだされ。残りの50の屑リンクは0価値=存在
しないのと同然のものと無視してくだされ。この50リンクのために私のサイト
をインデックスと検索結果から除外するのはどうかどうか勘弁してくだされ〜」
というようなものである。
あなたにはこれが、自分の都合と利得しか考えない虫のいい身勝手な願いであ
る理由がわかるだろうか?



上述例の100リンク&50リンクは、過去数年来にわたって数百人数十万人数百
万人の何の罪も縁もないウェブ・ユーザを、個々のサイト及び検索結果ページ
において騙しに騙してきたリンクである。
そして現在も残存する50リンクは(情報弱者のウェブ初心者に限られるとして
も)人を騙して無意味なトラフィックを生み続けているリンクである。
ひたすら無意味で無差別なリンク施策によって、関連性のある/なし、浅い/深
いをいっさい問うことなくめったやたらの物量作戦として張られただけの、ユ
ーザには何の役にも立たない、時間と労力を浪費させるだけのリンクである。
グーグルの検索システムがまだ未成熟であった頃(もちろんそれは未だに完璧
ではないが)、そうした「騙し」にひっかかったウェブ・ユーザの実トラフィ
ックもリンクの重み付け力学も、屑リンクを大量に持つ屑サイトを検索結果の
上位に押し上げる結果をもたらした。
ウェブを使う生身の人間にはいっさい役に立たないサイトでも、機械的な物量
作戦的被リンク獲得によって「一流サイト」ヅラを決め込むことができたので
ある。
本来こうした一流ヅラした三流四流サイトは、三流四流であることをやめない
限りは、検索結果上位に上がってくるべきでない。
ペンギン・アップデート及びその他の関連アルゴリズムの日進月歩の改善によ
り、三流四流サイトはようやくその本来の場所である検索下位、もしくはイン
デックス外に追いやられただけなのだ。



さあ、したがって、だ。
「泣きわめく」人々:過去のブラックハットSEOによって不当に地位とトラフ
ィックを獲得していた人々にやれることは、概ねたった二つしかない。
1)言い訳を捨てて、何ヶ月もの報われない努力を注いででも、過去の無価値
で傍迷惑なリンクを限界まで削除していく
2)本来それを求めているウェブ・ユーザに向けての、本当に有用/有益/楽し
めるコンテンツを充実させていく
原理的にはこれだけだ。
グーグルが、リンクの否認ツールを使っての改悛・自白を評価してくれるかど
うか、それによってインデックス・検索結果の両者に墜落からの回復がもたら
されるかどうかは、実は些末な問題であり、また1対1のフェイス・トゥ・フェ
イス対応の人間関係の修復とはわけのちがう問題である — 極端な話、グーグル
は何千万何億というウェブ・ユーザにのみ責務を負っており、その前ではブラ
ックハットなスパマーにかけるべき「お情け」など元々持ち合わせがないのだ。
少なからぬ場合において、そうした墜落を経験したサイトは、完全にいちから
出直しした方が素早く満足のいく結果に至る。
「泣きわめき」はせいぜい小中高生までに限り許容される行為であり、個人で
あれ企業体であれ、大の大人がやるべきことではない。



さて、初心者の内には「何のこっちゃらわからない」という人も多かっただろ
うが、この他山の石は、やがて「相互リンク」というものに興味を抱き始める
かもしれないあなたにも有益な事例なのである。
ブログ運営及び/もしくはアフィリエイトにおいて、「何のこっちゃらわからな
い」で済ませておけることなどほとんどない。
「知らない世界のことを描いた楽しい読み物」のつもりでこうした話を吸収し
ていくことは、必ずや2、3年後のあなたにアクチュアルに有益な知識となるは
ずだ。



  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ


プライバシー ポリシー

2013.04.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
最新記事
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
大局コラテラル