削除せず キャンセルするはず アカウント
カテゴリ: 涙なみだのアフィリエイト



前回エントリの続きで。
シャレで俳句形式のタイトルとしたが、補って言えば「アドセンス・アカウン
トは『削除』などできないので『キャンセル』するはずだ」ということになる。
そのことを知らない/気に留めてないからこそ、本来は不要なはずの泣きわめき
に陥るのである。



そもそも、正式に、定められた唯一の手順に従ってアドセンス・アカウントを
「削除」したと言うのなら、その人は「削除」ではなく「キャンセル」という
文言を使うはずなのだ。
正式な手順を踏んだのなら「アカウントをキャンセル」したはずであり、「削
除した削除した」とか言ってるのであればその人は十中八九「アカウントをキ
ャンセル」などしてはいない。
単なる自分の思いこみで、アカウントにログインするためのただ2つのキー:
メールアドレスとパスワードを勝手に削除したに過ぎない。
その人の「アドセンス・アカウント」は依然としてウェブ上に存続しており、
誰もそこにアクセスしないし、できない、という不条理状況が出現したに過ぎ
ない。
契約したアパートの部屋のカギを、入れなくなることを承知の上で海か川にで
も投げ捨てたのと同じことだ。
そんなことでなぜ、「自分の部屋に入れなくなった!どうしてくれる!」など
と泣きわめくことができるだろうか、小中学生でもあるまいに?



前回も述べたように、世界を股にかけて住民登録したり国籍を変えたりの輝か
しく忙しい人生でも送らない限り、「アカウントをキャンセル」する必要など
めったに生じるものではない。
「紐付けメール・アドレスを変えたい」から?
変えるまでもなく、別に新たなメール・アドレスをいくつでも何十でも自由に
取り、それらを便宜に応じて使い分ければいいだけの話だ。
わざわざ細心の注意を払って「アドセンス・アカウントに紐付けた唯一のGmail
アカウントを別のものと取り替える」必要さえ本来はない。
自分の考え方、新しい事情と便宜、友人・知人・仕事先等との連絡法、アプ
ローチの仕方を変えればいいだけだ。



アドセンス・アカウントを正式な唯一の手順でキャンセルすることなく、ただ
自分の思い込みにのみしたがってその「キー」だけを削除した人には、アドセ
ンス公式ヘルプ・フォーラムに投稿して「AdSense Pro 誰それ」という「中
の人」に目をとめてもらい「個別対応」を待つしか手段がない。
迷子になった幼稚園児がアカの他人の成人たちの善意と親切と労力にすがるし
かないのと同様に、18才以上の「大のおとな」が、自らの愚鈍さ無責任さを本
来業務では無関係なはずの「中の人」に尻ぬぐいしてもらう — 何と恥ずかしい
ことだろうか!



「アドセンスは難しくて分からないことだらけ」 — そういうことを言う人は、
ではなぜ「素手」でいきなりアドセンスを始めてしまうのだろう?
まだ手を出さなければいいだけの話、やれると確信を持った時点で初めて手を
出せばいいだけの話だ。
そのためには関連情報を、読み、読み、読みまくり、読み倒し、いやになって
もまた読み、暇つぶしがてら楽しい娯楽としてまた読み、読み続け、読み分け
て厳選した情報のみに依拠して考えることを当り前としなければならない。
アドセンスはウェブのすべてにド素人なあなたに「やってください!」などと
お願いしているわけではけっしてない。
やりたい、やれそうと思う人だけが自発的に順当にやればいいだけなのだ。
やれなさそうと思う人は、やれそうだと思えるようになるまで手を出さない —
そっちのほうがむしろ早道になるだろう。
それが「泣きわめき」と無縁な道 ー 涙なしのアドセンスへの道なのである。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2013.07.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル