リンク施策をやるほどあなたのサイトは落ちる
カテゴリ: スタートアップ

ひさびさの「スタートアップ」カテゴリだ。
今回は初心者が嬉しがって手を出してしまう「発リンク・被リンク施策」につい
て、主に「相互リンクでアクセス・アップ」病と「何でもかんでもアフィリエイ
ト」病について概観を語ってみよう。
これらの病いは何よりもまずあなた自身に害を及ぼすのだが、この2013年にな
ってもまだまだびっくりするくらいウェブ上に溢れている。
遅くとも2010年ごろ、大きく数えれば2007年ごろにはこんなバカな「施策」はオ
ワっているはずなのに、グーグルのウェブマスター・フォーラム等を見ても、あ
ろうことか「プロ」「仕事人」を自称する「いい大人」さえやってしまっている
のだ。
(尚、「貼る」と「張る」は意識的に使い分けているので、誤字との誤指摘はご
遠慮願おう)



まず、「相互リンク」病にも「何でもかんでも」病にも共通する浅はかさ。
あなたがベタ貼りしたリンクは、あなたのサイト/ブログのユーザには何の役に
も立たない。
あなたはそれらを、或いは「良かれ」或いは「ぐひぐひ、これでガッポリw」と
考えて貼ってるつもりだろうが、それらは —
・ごちゃごちゃと醜く見づらいだけ
・視角に入らず、入っても反射的にスルーされる
・売らんかな意識を感じさせて嫌悪・忌避される
・役に立たない、それゆえ有害でさえある余計な手間・時間を取らせうんざりさ
せる
・リンク先の低質さ・悪質さによってはリンク・ファームの加担者としてグーグ
ル等からの評価を下げる
という点において有害である。



で、まず相互リンク(また、それを期待しての発リンク)に絞るが —
心当たりを少しでも感じる人は、自分のサイト/ブログを賢い他人の厳しい目
精査してみるといい。
あなたと相互リンクを結んでいるサイト/ブログは、充実し、あなたのサイト/ブ
ログと強い関連テーマを持ち、見ず知らずの第三者であるユーザが飛んで読みに
いっても骨折り損にならず「リンク先もよかった。さすがあなたが相互リンク関
係を結んでるだけあって〇〇について充実した役立つ/楽しめる内容を持っていた」
と言ってくれるようなものだろうか。
そうでないのなら、そんな相互リンクはさっさと切っていい。
礼儀として連絡を取るのも取らないのも自由で、どうせ低質なリンク先なら「な
らばこちらも」と勝手に察知して切ってくれる。
ちなみに程度に付け加えておくと、グーグル・アドセンスはリンク先の質にもう
るさい。
あなたが知らなくても、相手方のサイト/ブログがアダルトな内容、情報商材な内
容等を持っていれば、問答無用であなたの責任、となる。



また、各種の「ブログのランキング・サイト」の投票ボタン、というのもいわ
ば一種の相互リンクであり、良い悪いの別は存在する。
個人的にこれはOKと思うのは「日本ブログ村」と「人気ブログランキング」で、
そのとおり私も貼っているが、全参加者が100、200サイトであるとか、ボタン
のコードに広告プログラムが仕込んであるとかのランキング・サイトだとリン
ク・ファームの一種(もしくはそれと実質変わりのないもの)と見做され、グー
グル等からの評価を下げる。
いまや誰が聞いてもお笑いぐさの「リンク集サイト」「相互リンク・サーヴィス
・サイト」だとかは言わずもがな、なはずなのだが、シロウトが藁すがりで参加
している例も後を絶たない。
「それを誰が、どういうつもりで見て/知って、その先どういうアクションを起こ
すのか」を、これまた賢い他人の厳しい目から考えてみれば自ずと答えは出るは
ずなのに — そんなクズみたいなものいまや誰も興味を持たず使わない、と。



さて。
ついで程度に関連情報を付け足していたらそれだけで十分な分量になり、しか
もまだまだ拡がりそうだ。
続くことにして、次回は「じゃあ『良い相互リンク』ってあるの?あるとした
らどんなの?」から始めよう —
素早く予告しておくと「そんなものはごく少数しかないし、また、なくても困
らないもの」となるのだが。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2013.08.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル