開業/個人事業 — 学び方の学び方
カテゴリ: 確定申告
さて、前回エントリを受けて時節柄もう少し
・開業届
・アフィリエイター(専業/兼業問わず)として事業所得者になるということ
・そのシンプルな形としてまず「個人事業主」になるということ
を語っていくわけだが
1対1の対面でコンサルタント/レクチャラーとしてあなたに何もかんも教えら
れるはずもない。
自分の用便の始末くらい自分でつけられる、という最低でも18才以上の人でな
ければこのブログを読んでいるはずはないのだから、のんびり他人におんぶに
抱っこなんて態度はいい加減やめて、まずはいつものきたみりゅうじの著作を
読んで足し算引き算掛け算割り算くらいは自分で学んでおくといい。





質問者もド素人なら回答者もド素人、しかもその回答群のド素人っぷりをその
「場」の誰も指摘しないし指摘できない、というウェブ上のQ&Aサイトではよく
見かける例だが —
「開業届なんて出す必要ないよ。ボクはこうこうだったよ?」
「白色申告で十分。なんで青色なんて必要なの?ボクはこうこう...」
みたいな文言を真に受けて「ああ、じゃあオレもそうしよ。面倒だし」という人
は、一生何も知らないままで泣きわめく(しかも自身の泣きわめきに気付かない
)か、後で大きな何かに遅ればせで気付いて明示的に泣きわめくか、しか道が
ない。
もっとも賢くもっとも正しくもっとも揺るぎない、したがって何も恐れる必要
のない(税法的に)無敵なアフィリエイターになろうというのなら、きたみ著
『代表して』のような本は、朝飯前・おやつ替わりにペロッと平らげるといい。
そして、もちろん、本を活字を読めない、読んで理解することができない、と
いう人なら、そもそもアフィリエイトだって不可能事なのだから、結局の結論
は同じ — アフィリエイトなんて無駄なことはやめて生きていきましょう、ある
いは税金は言われるままに取られて生きていきましょう、となる。
「オレはそうじゃない、そんなんじゃないぞ!」という人なら、さらに歯ごたえ
のある本の1冊、たとえば税法学/憲法論的税法学の権威:北野弘久教授の簡便
な1冊くらいは読んでおいていいだろう。





いやいや(笑)、前置きだけで終わってしまうようだが。
ド素人がド素人考えのまま、泣きわめく幼児のように税務署のおじさんたちに
泣きついても後の祭りにしかならないのだから、たかが本の2冊や20冊、こと
を始める前には当り前に読んで理解しておくべき、ということだ。
ちなみに、私は図書館で、10冊を代表する1冊を走り読みで選び9冊は不要・不
充分なものとして捨て、よってもって50冊の本から代表的で充分で読むに足る
2、3冊を絞り込んで読む、という方法論で個人事業と税法を学んだ。
挙げた2冊は、その辺の雑魚著者が書く「マニュアル本」40冊分以上の価値があ
ることを保証しよう。



私は基本的に「アフィリエイターなんて者はバカばかり」と考える層の人間だ。
アフィリエイターが知ってることを私はほとんど知っているが、私が知ってい
ることの大半は — たいていは2割も1割も、アフィリエイターは知らない。
優しく鷹揚にフェアに言い換えれば、「アフィ厨」である限りはこどものよう
に世間に甘え世間から隠れ世間に怯えて生き続けなければならないのだから、
せめて開業届/個人事業/確定申告という付随する社会参加行為くらいは、マト
モなオトナとしてやってみたらどう?ということだ。
「アフィリエイターのためのアフィリエイト用税法」「アフィリエイターのため
のアフィリエイト用確定申告書」なんてものはないのであって、能無し同士で
ああでもないこうでもないと聞きかじり知識を交換していても確かな知識・知力
などカケラも育たないのである。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2015.01.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル