涙なしのアドセンス開始 — デイ・マイナス・53
カテゴリ: アドセンス中級
"「自分にはオリジナルなコンテンツなど作れやしない」とふて腐れて泣きわめ
きながらも、なぜかアドセンスをやりたいと主張し続けるあなた"



前回エントリで述べた
「深く濃い文章コンテンツがなければアドセンス提携ブログには向いていず、
したがって順当に『読まれない、検索からの流入もない、稼げない』の悪循環
挫折に陥るということ」
及び、それをどうしても認めたくない人々が陥る「A群」の泣きわめきについて
語り、そうした甘えた泣きわめきをどう克服していけばいいか、を今回のメイン
・トピックとしよう。



前回エントリをおさらいがてら読み直してもらってからが望ましいのだが、
「A群」の泣きわめきとは
「『アカの他人が読むに足ると感じる文章』『他の誰でもなく自分こそが書け
る文章』を物すことに消極的で気概がなく、『なーんとなくこんな感じでいい
んじゃないかな、プロの物書きのプロ仕事でもないんだし』と精神的・時間的
労力を惜し」むことである。
「せっかく自分のブログを、自分の好きずきで勝手に始めて、自分の好きずき
で好きなように何でもいくらでも書いていいというのに、そんなこと言う人い
るの!?」と言えるあなたは幸せだ — あなたは既にいいブロガーであり、なん
だったらいいアフィリエイターでもあるだろう。
世の中にはまだまだ... と言うよりは大多数の人々が、「オリジナルの文章なん
か書きたくない/自分には書けっこない」「他の誰でも書けるどうでもいい浅い
文章を、なんならまさに他の誰かが書いた文章をツギハギ切り貼りして作った
劣化コピー文章を使って『アフィ』をやりたい」と考えているのである。



もし、あなたの身近に「詐欺という商売をやってカネを稼ごうと思ってるんだ
が、世間では詐欺は犯罪であり、詐欺で一時的にカネを稼いだとしても報いを
受けて逆に『損』をするだけだと言われている。詐欺をやりたいというボクチ
ン/アタシの自由はどうすれば通せるんだろう?」みたいな世迷い言を吐く人間
がいたら、あなたは親身に相談に乗ってあげるだろうか?
家族親戚友人知人恋人であろうと、あなたは即座に距離を置くか、叱り飛ばす
かするだろう。
「オリジナルの文章なんか書きたくない/自分には書けっこない」
「他の誰でも書けるどうでもいい浅い文章を、なんならまさに他の誰かが書いた
文章をツギハギ切り貼りして作った劣化コピー文章を使って『アフィ』をやりたい」
みたいなことを言う者もこれと全く変わらない。
それはもはや「ウェブ活動」ですらない。
そんな人は今すぐ、ブログ、アフィリエイト、アドセンス、ウェブ、パソコン
から身を引きはがし、余分なバイトでも始めるなり、実世界で実際に詐欺でも
始めて刑務所行きにでもなればいいだけの話。



さて。
たっぷりのお説教を終え、このブログをそもそも読むべきでないどうしようも
ない甘えん坊を排除した上で、少しは優しいレクチャーと行こう。
「オリジナルの文章なんか書きたくない/自分には書けっこない」というのは、
実をいえば現代日本人の8割から9.5割に蔓延している致命的な病気、誤謬で
ある。
実際には、どこの誰だろうが、少なくとも「ウェブを使えている」のなら、オ
リジナルの読むに足る文章くらい必ず書ける。
以下、その実例を、くだくだしいくらいのシミュレーションで示してみよう。



たとえばあなたは、娯楽/趣味等に自由に使えるカネが月900円ほどしかなく、
タダで観れるTVとウェブくらいしか「情報源」を持たない。
あなたは、そうした自分であれば、世の中の見ず知らずの人々に向けて「発信」
できるようなオリジナルな文章/情報など何にも持たない、と思いこんでいる
そんなあなただが、実際にはひとつだけ「趣味」といえる物をひとつ持っている。
あなたはアイドル:小島瑠璃子のファンなのだ。

あなたは、自分が小島瑠璃子のファン・ブログをやらない理由を沢山挙げられる —
曰く
・俺は小島瑠璃子の、著作権使用権肖像権を侵さず使えるオリジナルの画像を
持っていない
・俺は小島瑠璃子の、誰も知らない情報を何ひとつ持っていない。雑誌さえ月1
誌から2月に1誌しか買わないため、あらゆる人間が、プロ/アマ問わず、俺より
沢山の情報を持っているだろう
・俺には一般的に謂われる「教養」「文章力」みたいなものがほとんどない。俺
ごときが書くような文章は、見ず知らずの、友達でも仲間でもない人に、読んで
面白いと思ってもらえはしないだろう
... ... ウンヌンカンヌン、etc、etc、と。

たわごとだ。
泣きわめきの言い訳だ。
やれることがせっかく目の前にあるのに、労力や、労力が無駄に費やされること
やを最初から惜しんで勝手に「やらないこと」を選んだ自分を哀れみ慰めている
だけの甘えん坊のたわごとなのだ。

実際にはあなたには、小島瑠璃子について書くこと、書けること、書きたいこ
と書くべきことがゴマンとある。
あなたはいつ、どういう経緯どういうきっかけで小島瑠璃子というアイドルを
知ったのだろうか — それはもう1記事になる。
あなたはその時、小島瑠璃子のどういうところがどういうふうに気になって好
意や興味を抱いたのだろうか — それはもう1記事になる。
あなたはその後、2度め3度めにどこでどうしてる小島瑠璃子を観て、自分の小
島瑠璃子解釈を拡げ強めていったのだろうか — それはもう1記事になる。
あなたは、小島瑠璃子のどこが特別で、その他のアイドルとちがっていて、自
分の心に特別強く訴えてくると感じてるのだろうか — それはもう1記事になる。
etc、etc、etc... ... — それはもう1記事になる、それはもう1記事になる、そ
れはもう1記事になる、それはもう10記事20記事にもなった!

誰でも知れる、そして誰もがもう知ってる、そしてもう知ってるがゆえに「また
かよ、このクズ!誰でもテキトーに書けることをいちいち周回遅れで書いてんじ
ゃねーよ!」というような客観的・端的情報を、あなたが5万番めや500万番め
に書いても無駄なのだ — そして単に無駄であるのみならず、グーグル検索はそ
れをスパムとみなし、検索ページのずっとずっと下位に押し下げる、「圏外」も
含めて。
あなたはあなたにしか書けない、あなたでこそ書ける、主観・実感・実情のこも
った情報価値の高い記事を書くべきであるし、それをやらない限りはスパム判定
されて泣くことになっても文句を言えないのだ。



こうしてもはやあなたは、先述の「画像を持っていない」「情報を持っていない」
「教養・文章力みたいなものがほとんどない」みたいな言い訳を使えなくなった。
誰でも、頭や心や日常の中から、好きで興味があり得意で詳しいことを、何でも
思いのままに自由自在に書けるはずなのだ。
それを自分可愛さの1点から、できないできないできないと無理矢理主張しようと
いうのであれば、その人にはもちろんアドセンスもできない
できないことをあなたに「できるようになれ」と強制している人はいない — 順当
に「アドセンスをできない自分」を受け入れるほうがよろしかろう。



  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ







プライバシー ポリシー

2015.10.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル