グーグルのアナリティクスとウェブマスター・ツールを導入
カテゴリ: グーグル



スタートアップを1から2、2から3、と順番に厳密にステップ・バイ・ステップ
で案内・解説していくのは筆者にも読者にも退屈なことだ。
また、読者のあなただってどこからのスタートであるかは私にはわからない。
そんないいわけのもとに、新しいカテゴリ「グーグル」だ。



このカテゴリでは、グーグルの提供するウェブサイト管理者(=ウェブマスタ
ー。マスターは達人クラスの意ではない)用ツール/サーヴィスを有効に使い自
分のブログ/サイトの発展をしっかり手綱をとってコントロール下に置く術、
ひいてはグーグル検索と不特定多数のウェブ・ユーザとの親和性を計ることを
いろんなトピックから語っていく。
グーグルを制するものはウェブを制す。
とはいえ、もちろん、グーグルやウェブ・ユーザを「騙す」策ではない。
いくら検索結果上位に現れようと、そこから多数のユーザが訪れようと、価値
のないブログ/サイトは一瞬で離脱され見向きもされなくなるのだ。



で、まずは前回挙げたアナリティクスとウェブマスター・ツールだ。
概略を述べる。

アナリティクスはいわゆるアクセス解析だ。
やろうと思えばいくらでも細かな設定でいろんな角度/切り口から自サイトへの
アクセスの量と質を分析できる。
各種アクセス解析 — たとえばここFC2が提供するアクセス解析と比べるなら
・「落ちる」ことも解析対象ページの上限もない、コンスタントで信頼のおけ
る半永久的に有効なアクセス解析である
・ひとつのアカウント/管理画面で自分のサイト全ての解析が見れる
というのがアドヴァンテージだろう。
あれかこれか、ではないのだから両方入れて悪いことはない。

ウェブマスター・ツールもまた一種の解析ツールでもある。
こちらは、ウェブ上であなたのサイトはどう見えていてどんなアクションの対
象になっているか、またクローラー/botからあなたのサイトはどう見えるか、
を教えてくれるツールだ。
いわゆる「検索エンジンに登録」という行為も、このウェブマスター・ツール
のいち機能を知らずに部分的に使っている例だ。
「もまた一種の」「でもある」と先程書いたのにはわけがある。
アナリティクスが「受け」のツールだとしたら、ウェブマスター・ツールには
「攻め」のツールとしての側面もあるからだ。
新しくブログを立ち上げた、ブログを更新した — そのまま放っておくのとウ
ェブマスター・ツールを使ってそれをグーグルに「知らせる」のではbotと検
索の反応速度がちがってくる。
グーグルとのウェブテク的な交換日記/連絡窓口と言ってもいいだろう。



具体的な解説は以降のエントリに譲るが、もうすでにこのふたつが、無料ブロ
グを運営する程度でも、必須のツール/サーヴィスであることを納得してもらえ
たのではないだろうか。
人間(あなたやあなたのブログの読者)に見えているサイトの姿とグーグル、
及びウェブ全体に見えている姿はちがう。
自分と自分がつかめる範囲の人間読者の目だけで発展具合を推し量り一喜一憂
しているようでは、サイト運営を五里霧中のあてずっぽうでやっているような
ものなのだ。
以降、カテゴリ「グーグル」では、このツール/サーヴィスの使い方/意味とグ
ーグルとの、即ちグーグル全体とのつきあい方を手を替え品を替え語っていく。




  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ


プライバシー ポリシー

2011.09.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
最新記事
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
大局コラテラル