個人事業主である初級アフィリエイターとそうでない者、これほど差がつく
カテゴリ: 確定申告
このブログでは今年も(正確には2015〜2016に渡って)、「確定申告」カテ
ゴリ下の数々のエントリで、開業/個人事業主化/確定申告をアフィリエイター
がやるのがどれほど簡単か、そしてそんな簡単なこともできないオコチャマは
どれほど「損」をし怯え泣きわめきながらアフィリエイトをやっていくことに
なるかを、手を替え品を替え再三再四語ってきた。
今回は、なんならおさらいがてら以下の過去エントリを読み返してもらった後、
臆病なオコチャマオトナが小突き回されて泣きわめく姿とまともな大人である
個人事業主アフィリエイターの姿の差を、簡略化したモデルを通して眺め比べ
てもらおう。

開業/個人事業 — 学び方の学び方
アフィリエイターのための開業届・青色申請・現金主義届、一括一発憂いなし
「当り前に発生主義」でなければ不可避的に現金主義
「個人事業主」に関するよくある誤解
「確定申告して節税」というおかしな言い草
アフィリエイターにとっての「経費」の考え方

尚、ウェブもロクに使えないウェブ幼稚園児でない人なら疾うに知っていようが
右ナヴィゲーション・メニューの「全記事表示リンク」の
全ての記事を表示する
からは、容易に思うがままに過去エントリにアクセスできる。



以下、簡略化/一般化/原則論化のために
個人事業主でないアフィリエイターA氏
個人事業主であるアフィリエイターB氏
を共に
・給与所得者兼アフィリエイター
・給与収入は年103万円、いかなる保険料も払っていない
 したがって給与のみによる所得は0円
・そのある年のアフィリエイト収入は24万円
とする。
B氏は青色申告の、現金主義採択の個人事業主である、とする。



A氏とB氏はその年10万円のパソコンを買った。
だが、A氏はその内0円しか「経費として計上」できない。
B氏は10万円まるごと経費として計上できる。
A氏はタダの娯楽、タダの消費的支出としてパソコンを買っただけなので
10万円の寿司を食ったり旅行をするのに遣ったりしたのと全く変わらない。
それはいかなる「経費」でもない。
(もちろん、確定申告期の税務署で跪いて泣きわめいて、特別な優しい温情を
受けてなら、経費となるかもしれないが)

A氏とB氏は月平均5000円、年6万円分の雑誌・書籍を買った。
だが、A氏はその内0円しか「経費として計上」できない。
B氏は6万円まるごと経費として計上できる。
以下、上記と同文が続く。

A氏とB氏は月3000円、年3.6万円のISP料金を支払った。
だが、A氏はその内0円しか「経費として計上」できない。
B氏は3.6万円まるごと経費として計上できる。
以下、同文。


... ... 等々、等々。
A氏とB氏はその他にも、アフィリエイト絡みのいろいろな「買い物」をしたか
もしれないが、「勝負」「明暗」はこの時点で既に見えている —
A氏の収入/所得は共に24万円、経費は0円、税額は1.2万円。
B氏の所得は24万−19.6万円で4.4万円、
10万円の青色申告特別控除枠をこの4.4万円に適用して
課税される対象額、税額、共に0円。
「事業」としてアフィリエイトをやる者とそうでない者の間には、最低・最小
のシミュレーション例で考えてみても、これだけの差が出るのである。



「ちょ、ちょっと待って!何か見落としてない?何か伏せてない?」
「ちょ、ちょっと待って!話が速すぎて見えない。全部説明してよ!」
などなどと言う人は、相も変わらず何も読まず何も学習せずの人だろう。
いつものようにきたみりゅうじ氏のいつもの著作をおすすめしておこう。
この1作からスタートする人には、今回私が説明したようなことは、せいぜい
で中学2年生の社会科の教科書程度にしか難しくない筈である。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2016.03.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル