確定申告、最小モデルで最短理解
カテゴリ: 確定申告
やってきました、確定申告シーズン。
このブログでは毎年冬の時期に、アフィリエイトと確定申告・個人事業主絡み
のエントリをたっぷり物してきているが、今冬も12〜3月にかけて、いつもの
ようにいってみよう。



既読の人もそうでない人も、とりあえず直近のそれ絡みのエントリ —
「個人事業主」に関するよくある誤解
アフィリエイターにとっての「経費」の考え方
個人事業主である初級アフィリエイターとそうでない者、これほど差がつく
— あたりを予習・復習がてら読んでもらってからがいいのだが
今回は出血大サーヴィス的なエントリとして、少し「搦め手」タイプの親切
設計エントリを、言うなれば「こんなに簡単、帳簿付け!なんでグダグダ迷う
ことあるの?」型のエントリを贈ろう。



年末年始に開業届、その前にで書いたように、年の瀬も差し迫ったこの時期
に開業届を出すなんてことは(よっぽど特殊な事情がない限りは)愚の骨頂
ではあるのだが、ここでは便宜上、あなたが2016年12月26日(月曜日)に、
そのとおりの日付で、開業届を出して個人事業主になった、としよう。
これまた便宜上、青色申告、及び現金主義の届も同時に、とする。



そうするとあなたの2016年度の事業年度の範囲は、12/26から12/31の6日
間オンリーとなる。
この6日間オンリーの間に関連する帳簿を基に、2017年2月15日(今年は平日
水曜日)から受付が始まる確定申告をやることになる。
ついでながら重要なことを付け足すなら、その確定申告が「還付申告」になる
ことが確実に分かっている人なら、2017年1月4日(今年は平日、水曜日)か
ら受け付けてもらえる。



その「帳簿」は簡便至極なものになる — 100円ショップで買った1冊33円の
ごく標準的なノート1冊で済むのが普通だ。
そこには、12月の26、27、28、29、30、31日に、出たり入ったりしたあ
なたの金の取引だけが記帳されることになる。
そのノートの最後のページ(あるいは2ページめ)には「年次総括集計表」み
たいなものが、まあ必要といえば必要だが、たった6日間の実取引・実記載を
ほぼそのまんま、「まとめる」というのも憚られるくらいにまとめて転記した
ものに過ぎないので10分も5分もかかるまい。



「申告書B」と「青色申告決算書(現金主義用)」には、あたりまえのことを
あたりまえに記入するのみとなる — その大部分は事業主であってもなくても
変わらない、基本的には「給与所得者としてのあなた」にまつわる事実であり、
「個人事業主であるアフィリエイター」になったからといって、特別難しいこ
とや把握困難なことを別に新たに記入するわけではない。
ちなみに、その申告書Bの「事業」に関わる範囲と青色申告決算書には、空欄
及び/もしくは数字のゼロが並ぶことが多かろうが、実際問題、たった6日間の
「事業期間」であれば当然のこととなる。



少し戻って。
初心者・未開始者がもっとも悩むであろうことは、実は悩む必要のないことで
もある。
たとえば —
12月26日以降にアマゾンからグーグルからC社からD社からアフィリエイト報
酬が振り込まれるのだが、どうすればいいのだろう?
そのまま収入として記帳する、のがイヤで損なのなら振込/支払いを来年度に「保
留」にするだけだ(だからこそ年末に開業などすべきでないのだが)。
ガス・電気・水道料金などの、12月26日以降の支払いが生じたら、どう経費扱
いしたらいいのだろう?
アフィリエイターにガス・水道料金などが経費として認められることは元々無き
に等しいし、電気料金のうちの 31分の6 × 0.2 などを経費として計上して何に
なろう?
「按分計算」の概念と実状を把握していない人には考えても無駄なことである —
その領域の「経費」は、少なくとも2016年度においてはゼロである。



(実際にシミュレーションとして今すぐにでもやってみれば判るが)かくして
あなたは、せいぜいで8枚から24枚程度のレシート、10行から30行ほどが
書かれただけのノート(現金式簡易帳簿)、それを基にしたほとんどスッカス
カの、いわば「自動で」埋まっていくしかない申告書B・青色申告決算書、あ
たりのみで2016年度の確定申告への作業を終えることになる。
分かり切ったこと — たとえば自身の名前・住所・電話番号や源泉徴収票の数
字 — をありのままにロボットよろしく埋めていく退屈な作業時間がほとんど
となろう。
そして結局はそれが十数倍ほど量だけ増えたのが、1月1日〜12月31日の事業
期間中にやるべき税務申告上の実務である — 実作業上は「お小遣い帳」「家計
簿」などと変わるところがない。
それでもまだ「落とし穴があるんじゃないの?」と疑心暗鬼で二の足を踏む人
には、いつものようにきたみりゅうじの著作をオススメしておこう。





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2016.12.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル