アドセンスの「最適化」で「自動テスト」を実施、そのメリット1例
カテゴリ: アドセンス中級

個人事業主/確定申告に関わるエントリの季節が終わったところで、今回は久し
ぶりにアドセンスについての、かつ時事的・ニュース的エントリをひとつ。
カテゴリは、迷うところだが「アドセンス中級」とした。



アドセンス管理画面で「最適化」ページに行くと、いわゆるA/Bテストを様々
に作成しその経緯・効果を判定できるのだが、この4月だったか、私はそこに
「自動テスト」なるもののオン/オフ・スイッチが登場しているのを発見した。
その謂いはおおまかに "トラフィックの何割かに自動的なテストを施し、あな
たのサイトに向けてのさらなる最適化案を発見しますよ" みたいなものだった。
私は、アドセンス側が度々ちょっとしたアイディア試行がてらにマイナー・チ
ェンジ程度の、主に見映え上の改変を各種広告に加えているのを見てきている
から、たとえそれが一見、こちらアドセンサー側に「改悪」に見えても、たい
ていは有効な改善策となると信頼しており、したがってこれについてもアドセ
ンス側にお任せすべく躊躇なくスイッチをオンにした。



そこでも他のどこでも、その「自動テスト」がどんなものかは説明されていな
いようで、またもしどこかで誰かが説明してくれてるとしても、私には大差な
い。
アドセンスは普通そういう際、テストαやテストβを複合的に、もしくはバラ
して、いくつか並列的にやるものだ。
そして確か、4月末から5月初にかけての時期、私は「なるほど、これがそのひ
とつか」と思い当たる現象を目にした。



「それ」は、たとえばリンクユニットに関わる見映え上の変化(文字切れ、ラ
べル灰背景、丸囲い)のような過去の仕様変更よりずっとドラスティックなも
のだ。
それはおそらく、「品切れによる空白スペース」へのアドセンサー側の不満・
モヤモヤを解消すると同時に、「競り」による見込み報酬最大化を従来よりず
っと効果的に実現する、なかなかに思い切った、大胆な仕様へ向けたテストと
言え、実際私などは、自サイトの2つでその効用を早くも実感している最中だ。



シンプルに言うとおおむね以下のようになる —
・あなたのサイト、あるいはたとえばこのブログで、上から160、160、336の
広告ユニットが貼ってある
・ある記事や記事群で、160(上)がひとつだけ表示され、160(下)と336に
は空白スペースがマヌケに出ているのみ
・ところが、この自動テストが「利いている」時/ページでは、160(上)だけ
が表示されるのは同様だが、160(下)と336のスペースは「詰め」られ、空白
スペースは生じない



さあ、どう思うだろうか?
人によっては「空白スペースもとりあえず一応出しといてよ!広告が『ある』
時もあるんでしょ!?」と食ってかかりたく感じることもあるだろう。
だが、アドセンスの収益最大化に関する論理・理論を深く鋭く考察してきた人
なら「なるほど!その発想はなかった...こともないけど、アドセンス側でやっ
てくれるのは有り難い!」となるのではなかろうか。
それは本来的にアドセンスが持っている1種のセンサリング/最適化の機能面
を、従来型よりさらに推し進めた(しかしながら場合によっては機会損失にも
繋がりかねなくもない)大胆で斬新な一手だと、私には思える。



面白いことにというか興味深いことにというか、「自動テスト」の内のひとつ
であろう「このテスト」に関しては、まだ公式発表もウェブテク有名人の分析
記事もないように思える(もちろん私が浅〜く検索してみた範囲内でだが)。
また、私がそれを目撃しているのは、ある種「お堅い」テーマの2ブログだけ
であり、そこには「出せるだけの広告」が元々払底し気味であるために「この
テスト」が発動するのにむしろ最適だった、とも言えよう。



どちらにせよ、私は気にしない。
私は元々アドセンス側の飽くなきトライアル精神を好み信頼しており、「この
テスト」は少なくとも「みっともなさ」を排除してくれ、それは「お堅い」サ
イトにはそれなりに重要なのだ — しかも短期的な観測内でこそあれ、それは
収益面でもプラスの効果をあげていそうだし。
で、もしあなたが「自動テスト」をまだ知らず/オンせず、また「このテスト」
に気を惹かれたならば、いますぐにでもそれをオンしてみるのをおすすめした
い。
いずれにせよそれはトラフィックの100%に亘って発動するものではないのだ
し、グーグルの長期的見立てに懸けた「志願兵」になるのもたまには楽しから
ずや!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ








プライバシー ポリシー

2017.05.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑


コメント:
Title


Pagetop↑
プロフィール

Author:chouettedeminerve
ウェブの劣化を危惧する男。

ブログ内検索
全記事表示リンク
スポンサード リンク




最新記事
全記事表示リンク
大局コラテラル